スマホが出来るまでどのような過程を経ているか

レアメタルを採っている人々

もはや生活必需品ともいえるスマホですが、このスマホの材料に欠かせないのが、レアメタルです。
主にどのようなレアメタルが使われているのかといえば、リチウムやベリリウム、ストロンチウムなどのレアメタルが使用されています。
そしてこういったレアメタルはどういう所で採ることが出来るのかといえば、主には中国、そしてインド、アフリカ諸国になります。これらの国の労働者が鉱山でレアメタルの発掘作業をしているのです。
レアメタルは貴重な資源として先進国で広く利用されています。私たちが便利な生活を送ることが出来るのも、鉱山で発掘してくださっている労働者の方たちのおかげなのです。汗と涙の結晶ともいえるこのレアメタルを材料にしている電化製品の数々、その他にもハイブリッド車などの先進技術を支えているのもこういう方々あってこそのものだと思います。

レアメタルを巡って争いも起きている

とても便利な電化製品や車で私たちの生活が潤っている陰で、苦しんでいる方々がいるのも忘れてはいけないと思います。
このレアメタルという貴重な資源を狙って、武装勢力でレアメタルの生産国を制圧しているところもあると聞きます。発展途上国はこういった資源を元に国の財政を潤して発展を目指していますが、それを逆手にとって紛争が起こっているのです。中には子供にさえ発掘作業を強要するところもあるというから本当に驚きと怒りを覚えます。自分たちの私利私欲のために、武力でさらにレアメタルを搾取していこうというのは本当に残念な考えだと思います。
限りある資源なので独り占めせず皆が平等に幸せになれるような社会になってほしいものだと思います。


シェアする

B!