家電を処分する時は、業者選びに気を付ける

意外に騙されやすい、リサイクル業者の実態

よく、不用品を無料で回収しますというチラシが家のポストに入っていたりしますよね。
実はこれらは悪徳業者である可能性が非常に高いので注意が必要です。無料と言っておきながら、トラックに積み込んでから料金を請求したり、リサイクルせずに不法投棄されたりなどの被害もよく耳にします。
しかしこういった不用品回収業者のすべてが悪徳業者ではありません。その違いは何かといえば「産業廃棄物処理業許可」と書かれているか「一般廃棄物処理業許可」と書かれているかの違いです。
無料に惹かれてついついこういった業者に依頼しがちですが、気を付けないと知らず知らずのうちに自分の家の家電が不法投棄され、それが原因で火事や環境汚染を引き起こすことになるので注意しましょう。

正しい家電リサイクルの仕方

では、正しい家電リサイクルはどのように行えば良いのでしょうか。
それにはまず、家電リサイクル法を理解しなければなりません。まずは対象品目を確認してください。家電リサイクル法の対象となる家電は「エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機や衣類乾燥機」の4点です。それ以外の家電に関しては市区町村に確認してください。家電を購入した電気店に持ち込んで回収を依頼したり、指定された引き取り場所に持ち込んだりする必要があります。そして回収業者から渡される家電リサイクル券に記入したらあとはリサイクル料金を払って終わりです。
市区町村に問い合わせるのは面倒とは思いますが、安易にチラシに頼ることはせず、正しいリサイクルをしてください。


シェアする

B!