逆境をものともしない日本の技術力

使用量を減らして他国で輸入

日本はレアアースの輸出制裁を受けた時、レアアースがなくても出来るモーターを開発してレアアースの使用量を低下させ、その国以外の輸入先を探すなどの対策を打って出ました。ちなみにレアアースとは、レアメタルと同じく貴重な金属資源のことです。
日本の技術力は世界に誇るレベルなので、制裁により一層の努力を重ね、かえって制裁をした国を追い詰め結局輸出を再開させたといったことがありました。レアアースがなくては困るだろうという相手の制裁が、新しい代替物の開発により輸入の必要がなくなり、かえってその国のレアアース産業を追い詰める結果になったというわけです。
結局いくら優れた資源があっても、それを買ってくれなければ産業として成り立たないので、日本もその辺りは間違わないようにしてもらいたいものです。

レアアース不要のモーターの使い道

レアアースやレアメタルはどういったものに使われるかといえば、コンピューターのディスプレイやオーディオ製品、カメラや自動車部品など、様々な電気製品に使われています。
これらのものは私たちの生活に欠かせないものです。そういった意味でレアアースやレアメタルがなくなると非常に不便になってしまうと思います。
しかしレアアースの輸出を一時ストップされたために開発されたものが、レアアースに近い性能をもっているということで、今かなり注目されています。
特に注目されているのがハイブリッド車の開発です。レアアースなしでも動くモーターを使ってますので、これが普及すれば、レアアースの使用量は減少し、天然資源を食い荒らさず適量を使っていけるのではないかと思います。


シェアする

B!